c

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RSウイルス

バブさんよく鼻たれバブさんになります。
寝ると鼻が詰まりブヒブヒ言うこともよくあります。

今回もね鼻風邪ひいててちょっとよくなったなぁって感じの時に、咳がひどくなってきました。

あれれ?

まぁ大丈夫だろーと午後から耳鼻咽喉科の予約を取って、午前中にニューバブさんのベビービクスに行こうと車で向かってました。


そろそろ着くかなぁって時に。

バブさん
「痛いー」


どうした?
って後ろを見たらチャイルドシートに座ったままゲーーー。

急いで車を止めて見たら、
大洪水ですよ。ゲーゲーの。
汚い話でごめんなさい。
語彙の少ないバブさん『気持ち悪い』も『痛い』って言っちゃったのです。


着替えも持ってたし、着替えようかとも思ったけど、どこから手を付けたらいいの!状態なので、ビクスは諦めてティッシュをてんこ盛りにして吸い取らせる作戦してから家に引き返しました。

家に帰ってからは死闘でしたよ。
フフフ。



その後、お昼から熱がグーンと出て耳鼻咽喉科は車から歩いて行ったもののしんどかったのか待合室のソファーでゴロンとなるバブさんでありました。

38度5ぶぐらいでダルダル。




検査してくれたらRSと。


あのRSですか!!


たしか一昨年のの2月ごろ入院したなー。

その時の記事は















この日はしんどかったのか、耳鼻咽喉科から帰ったら寝てしまいました。



次の日は一日中39度台。
鼻たれさんと咳がひどかったです。
ダルダルで時々自分でコロンと横になってましたが、ぐったりすることもなく遊んでもいました。


高熱のせいか




いつもは一重なのに二重のバブさんになっております。

いつもは



確実にむくんでます。

ちょっとオカマちっく。


ぐったりなることもなかったのでもらった座薬も使わず、お家でのんびり直しました。


何が困ったかって食べない飲まない。
大好きなバナナですら一口だけ。
いつもはゆーくんのミルクを奪って飲むのに、あげてもチラッと飲んで「おわり」と言われてしまう始末。


翌日には少しずつお熱も下がりましたが3日間くらいはほとんど食べず食欲が戻るのに数日かかりました。

大人なら点滴してもらうってことができますけど、子どもは点滴=入院ですからね。


RSが怖いのは1歳未満の乳児にかかると重症化しやすいこと。


ウチに1歳未満います…。


はい、見事にうつりました。


うつったけど、わりとお熱あってもケロッと遊んでいたのです。

これ、38.6度あったのにケロッとミルク飲んでます。


まー翌日には40度。
さすがにぐったりして鳴き声もか細いので、座薬使いました。
お薬をもらったけどイヤイヤでなかなか飲みません。

哺乳びんではプイッとしちゃうのでスポイトで挑戦。






スポイトはミルクを初めて飲むのに使ったろー。
と言っても覚えていらっしゃらない様子。
この後ゲーゲーになりました(汗)。


咳もだいぶしていましたけど、苦しそうではありません。
ミルクも細々と飲んでくれました。


たぶん夜中に大きな病院に行ったら入院もんだったのかもですけど、バブさんが1人になっちゃうし躊躇してしまいました。

ゴメンよ。ニューバブさん。


3日目に少しずつお熱は下がりました。
バブさんの元気がなくなったのはこの3日目くらいから。

小さい体で高熱はこたえたんでしょうねー。

いつも大きな声で泣いて呼ぶのに、小さな声で悲しそうに泣きます。

2日間くらいしんどそうにしてました。

でも、なんとか乗り切った様子です。
相変わらず叩かれるくせにバブさんに近寄りポカポカされてます。


ただ、抗生物質のせいもあって下痢下痢。

しばらく、離乳食はお休みです。


私も一時期は微熱が出たり咳が止まらず眠れませんでしたけど、だいぶ治ってきたみたいです。


急に寒くなってきた今日この頃、ぶり返さないようにのんびりしております。
皆さんも体調崩されないようにお気を付けください。
スポンサーサイト

週末散歩

RSウイルス騒動ですが、バブさんからニューバブさんにもうつり、たぶん私もかかっていてここ数日、体力的にも精神的にもかなり辛かったです。

みんな峠はこしたようで、改善に向かっているので心配しないでください。
詳しくは次回。



では本題、連休のお話です。
うちの旦那さんは祝日はお仕事なので普通の土日でしたがね。


バブズを旦那さんにみてもらって散歩に行きましたよ。
一頭ずつ。


家の周りではゆっくり出来そうにないので2人には車に乗ってもらいいざエコパまで。
歩いても行けるんですけどね。


エコパといえば2019年のラグビーワールドカップの開催地12箇所の中に入ったようです。
中でも2、3番目に大きい会場のようですね。
県知事さんの話じゃショッピングモールを近くに作るとか。
そうなるといいなぁ。


話はそれましたが、
車からまずポメ太郎を出して散歩します。

もちろんプーちゃんは「プープープープー」と抗議です。


イベントがある日を除いていつもは静かなエコパ周辺ですが、なんか人多いな。

ん?

ん?

駅伝大会?


あちゃーです。

駅伝大会自体は終わっていたようですが人の多さ(学生さん)と大きな声がするのでポメ太郎は興奮収まらず。




イベント確認してこなかった私のミスです。




エコパスタジアム周囲を1周して車へ戻り移動です。


エコパってメインのとこだけじゃなくて野球場やサッカー場やら離れたところにも点在してます。


その一つへ行きました。




1人走っておられる方と遙か遠くにダックス連れの方。

ここならいいかな。



またまたポメ太郎さん。


肉球見せながら早足で歩きます。

「ゆっくりねー」ってお願いしても聞くみみなし。
引っ張る引っ張る。




走り始めちゃったり早歩きになって3メートル以上離れそうなときに一歩目でじわーっとワンコを止めるって『固定』うまくできません。
だってずっと引っ張ってる。
今までは引き戻してたから、それよかはいいでしょうか。


帰ろうと言うと素直についてきてくれるのはいいとこです。



次はお待たせプーちゃんです。



道路ではついて歩くプーちゃんですが、広いところに来ると自由だと思い走ります。




『固定』をしようとしてもここは自由なはず、とばかりにそのまま引っ張って行っちゃいます。
あれれ?




しばらくして車でお家に帰りました。




たぶんこう言ってるでしょう。


私もうまくいかなくてストレスでした。




で、日曜日リベンジです。
ほんとは毎日散歩コースを変えるのも嗅がなきゃいけないにおいが増えてストレスになるそうなんですけど、まあ場所探しってことで別のとこにやってきました。



とある河川敷です。

近くの公園でサッカー教室が開かれてましたけど、この草ボーボーな河川敷の道はだーれもいません。



まずはポメ太郎っと。
今回はスリング持参(バブさんのお古)です。
分離ストレスが強い子にはスリングとかで一緒に連れて行ってあげるとよいと書いてあったので‥。

プーちゃんにはスリングに入ってもらっていざ出発。




まあまだ引っぱるけど、匂いを嗅いだりマーキングしたり、草むらに入ったり、前日よりは楽しそう。
『固定』も少し出来たような。


ここいいねー。
新幹線が通ると音がするのがポメ太郎的にはちょっとやだけど。


30分ほど歩くと‥‥

こうなりました。





ありゃりゃ。


まあ気にせず選手交代です。
帰り道はプーちゃん。

ポメ太郎がスリングに入るの拒否で困りました。
ヨダレだらだら緊張です。


今日は我慢してもらって。


さあプーちゃんどうぞ。





3メートルリードが『し』の字のようにたるんだまま歩くことができました。
でも、嗅ぎたい匂いに近づいたらすごい力で引っ張ります。
固定しようと思っても止まらない。

ありゃりゃ。




車まで帰ってきたとこお散歩終了です。
もちろん、プーちゃんもくっつき虫やらなにやらいっぱい持ってきてくれましたよ。

あ"ーー。



今回のお散歩はちょっとうまくいったとこもありました。


また週末に来ようね。



ですがね、帰ったらくっつき虫やらを取るのにブラッシングの刑が待っていた犬らなのでした(汗)
ストレス解消に行ったのに、ブラッシングでストレス感じてるんじゃないかなぁ。

ストレス犬

かみ癖についていろんな方からのアドバイスありがとうございました。

いろんな意見がありました。
実家に預けた方がいいのではないかと言う意見、リーダーの認識を強化して子どもも犬より上であることを教えていくという意見、住み分けをする意見、無視をする意見。解決策はわからないけど気持ちをわかってくれた方。


どの方も親身に考えてくださって涙が出るほど嬉しかったです。

私の実家ではやはり老犬ダックスがいるからポメ太郎は難しいとのこと、旦那さんの実家では、もしどうしようもないなら1年間預かってくれると言ってくれました。
静岡と四国ではかなり遠いのもあるし預けるかどうかは別として、そう言ってもらえるだけで救いです。




1週間以上、更新があいてしまいましたが、その間どうしていたかお話ししますね。

皆さんから頂いたアドバイスの中に噛みつき柴ワンと一緒に1才子の子育てを両立されていたブログを紹介して頂きました。
合間合間に読むのでなかなか時間がかかってしまいました。

そのブログではドッグウオーカー博士のカウンセリングを受けて生活様式や犬に対する考え方や散歩の仕方などを変えていったそうなのです。
PONOPONO式と言うそうです。
で、噛まなくなったと。

ドッグウオーカー博士のブログも少しずつ読んでます。
動物行動学の学者さんだそうでヨーロッパでも学んでこられた方のようです。


ドッグウオーカー博士がおっしゃるには、犬は高いストレスにさらされておりストレスマネージメントを、しないといけないと。
いつも犬は我慢をしてて、噛むようになったのは我慢の限界を超えたから。


ストレスの少ない犬は20時間ほど眠るし、のんびりしていると。
長引く皮膚疾患や下痢や軟便も犬の精神面が関係しているとおっしゃいます。


そう言えば、プーちゃんはくったり犬と呼んでいるように寝てることが多いですけど、ポメ太郎はほとんど寝てないし音がするとすぐ起きます。
きなこ(元ポメ子)は原因不明の下痢でした。

あわわ




で、ストレスマネージメントをするんですけど、
しつけはやらないそうです。
『おすわり』や『待て』『リーダーウォーク』もなし。
散歩は3mリードで自由に匂いを嗅いだりマーキングしたりをさせるそうです。
リードを引っ張って誘導するのも無しだそうで、向きを変えたいときはお願いするそうな。
最初は3mリードの中なら自由だということを学んでもらうための『固定』練習はするそうです。(ダッシュしたらゆっくりリードを引いてのんびりを覚えてもらう。)
散歩は一頭ずつ1日1~2回。
広い公園とかがベストで混み合ってるドッグランや夜散歩やアスファルトだけの道とかは犬にとってつまらないものらしいです。
あと、散歩の後、足を拭くのもNGだそうです。

それからストレス源をできるだけ取り除く。
ストレスになるのは、

身体的機能の異常
感覚器官の異常(耳が聞こえないなど)
痛みに関連する異常
発情
睡眠不足
疲労
突然の環境変化
親しいヒト、動物の死
脅かされること
何が起こるかわからない不安
失敗
厳しいトレーニング
アジリティ、ドッグダンス、服従訓練
攻撃訓練
パピーパーティー
ドッグラン
激しい遊び
イヌの周りでの暴力、怒り、いらだち、攻撃
子ども
多すぎるヒトの出入り
興奮のしすぎ(うれしいことも含む)
追いかけっこ
悪天候
サークル、クレート、屋外への隔離
動物病院
トリミングサロン
車での旅行
リードでつなぐなど自由を奪う
孤独(家族からの隔離)
多頭飼育
気の合わないイヌと暮らす
かまいすぎ、かまわなすぎ
日常生活でルールが厳しすぎ、またはなさすぎ
イヌとヒトの相性が悪い

      ですって。
勝手に貼り付けました。ごめんなさい。


嬉しいときの興奮やナデナデしすぎることなんかもストレスになるとは!


読んでいくと納得できるところはたくさんありました。
話は変わりますが、バブさんに少し発達の遅れがあるように感じたのでバブズは今、ベビーパークというお教室に通ってます。
そこで教えてもらう叱らない育児とこのドッグウオーカー博士の勧めるPONOPONO式は共通する精神論や方法がいくつもありました。
ベビーパークのお話はまた機会があれば。


今までの私のしつけではリーダーを認識してもらうのにリーダーウォークやってみたり、いちいちポメ太郎を叱ってました。
でも、効果がなく、ポメ太郎には叱るしつけはあっていないような気がしてました。
これは考え方を変えねばならんかもしれません。


噛みつき柴ワンと子どもとのブログを読ませてもらって、この方の努力は半端なくてビックリするばかりでした。
子供は隣の実家に預けて朝の6時から1日に何回も何時間も散歩して、家の中ではひたすら静かにして、家事も控えて掃除機も夜のトイレ散歩に旦那さんと出ているあいだにしてとか、‥。


すごすぎる。

私には出来ないことばかりです。
それに子どもも今、脳が爆発的に成長していく三歳までの大事な時期だから、預けるなんて考えられません。


じゃあ何が出来るんだろう。



ワンコの精神状態が大切というなら

「ごめんね。ストレスかけてたんだね。」ってポメ太郎とプーちゃんに言ってみました。


すると!


階段の踊り場に置いてある開けっ放しのクレート(階段に柵があるのでバブズは近寄れません)に最近入り浸ってたプーちゃんがまずおりてきました。



ポメ太郎も気持ーち穏やかに見えます。


気持ちだけでも感じるのかな。


ナデナデも寄り添ってきたときだけするようにして、クレートに自ら入ってるときは触らないようにしました。


散歩ですが、バブズが2人とも車で寝てしまった日があり、鍵をかけて車の周囲を一頭ずつ散歩してみました。
長いリードで。
いつもは常に一緒のため一頭ずつにされるとものをすごい拒否。
プーちゃんを庭のドッグランに離したんですけど、これでもかってくらいでっかい声で「プープー」泣く。

ポメ太郎の散歩は匂い嗅いだり楽しそうですが、散歩の方が通ってからは興奮がおさまらず散歩になりませんでした。


選手交代


プーちゃんはついて歩ける犬なので自由にしていいよと言ってもついてきちゃいます。
それでも少し匂い嗅いだりマーキングしたりしてました。

バブズが起きないかチラチラ車を見つつだったので短い時間だしストレスが取れるほどの散歩にはなってないと思います。

けど、その日は気持ち穏やかでした。




このPONOPONO式をやるならもう少しお勉強しなきゃならんですね。 
特に散歩のしかたを。
一頭ずつは週末しか出来ないけど。
平日は子どもと一緒の散歩だとストレスになるからしない方がいいのか、散歩はした方がいいのかが謎です。


ストレスが減って噛まなくなるのならいいなぁ。


PONOPONO式では室内フリーにしてゲージやクレートは使わないそうですが、開け放したクレートは怖かったときとかの避難場所&寝る場所として自主的に使っているようなので残しておこうと思います。



んで、ガルガル言い始めたらそっとそちらへ誘導してみようと思います。
今までは叱って「ゲージ」と言って入らせてました。


PONOPONO式ではないけど、住み分けしていいかなぁ。


まずやってみて、ダメならお金かかるけどドッグウオーカー博士のカウンセリング受けたりお散歩講習に行きたいと思います。

それでもダメなら最後の手段、旦那さんの実家にお願いするかもしれません。


今回も長文になっちゃいました。
読んで頂いてありがとうございます。



ポメ太郎、プーちゃん、頑張ろうね~。


追伸

私、1週間ほど前から風邪でなんとか倒れてはならんと耐えてましたところ、今度はよくなりかけてたバブさんがお熱~。
病院に行ったらRSでした。
これって去年入院したやつ‥。
お熱と咳でゲーゲーなバブさん。
怖いのは1歳未満のニューバブさんにうつったら重症化すること。
バブさん早く治るのだ!
ってかこの咳、私もRSなのかも。
やべっ。

悩み相談

今日は最近すごく悩んでることを書いてみたいと思います。



ポメ太郎は初めて飼ったワンコです。



なので、不慣れなことも多くって、静かな家でお留守番が多かったし、ワクチン終わるまで外にも出たことないし、他の犬とのふれあいもない状態で育ててしまい、パピーのしつけが上手にできませんでした。

家の中でマーキングしたり、ちょっとした物音でガウガウ吠えたり、動いてる車に突進していったりと問題山積みワンコでした。


だからね、袋井ドッグスクールに3か月預けて訓練してもらいました。

お世話になった先生と見習い先生です。

ブログで『ポメ太郎』って検索してもらうと訓練中の記事が読めます。


1週間に一度会いに行って私たちもいろいろ教えてもらいましたよ。
ポメ太郎は嬉しいときなんかクルクル回って、回ってる時は頭が真っ白になっちゃうみたいです。
先生には遺伝的なんじゃないかって言われました。


で、マーキングはその後に去勢手術もしたので、一応なくなりました。(寂しかったりしてわざとすることはたまにあります。)
ガウガウも少しはましになって帰ってきました。



よかったよかった、で終わるはずが‥。



バブさんが産まれて動きだした頃から問題が出て来たのです。


それはかみ癖。


甘噛みではありません。



バブさん産まれて数か月(寝返りするまでかな)はこんなに仲良かったのに。



1歳を迎える頃には

ガリッとだいぶひどくやられました。
もう少しで目が危なかった。


数日たっても

残ってました。


赤ちゃんって残酷なもんで、ポメ太郎達がイヤがってようが毛をつかむし追いかけるし、ポメ太郎の気持ちもわからなくないんですよ。
バブさん的にはポメ太郎もプーちゃんも大好きでやってたんでしょうけどね。



イヤって叫びが聞こえてきます。


ほんで、そばに近寄るだけでガルガルグルグル言うようになりました。



バブさんは何回かやられてだんだんわかってきたようでポメ太郎のことを「ガウ」と呼びます。
プーちゃんのことは「プーちゃん」って呼ぶのに。
ライオンの写真を見ても「ガウ」と言うのでポメラニアンじゃなくて子ライオンかなんかだと思ってるんじゃないかと思ってます。



最近はグルグル言いだしたら「恐い」と逃げます。
まあ、それでもまだちょっかい出してはかぷっとされて泣くを繰り返してますけど。

この日もお気に入りのハンモックにガウを乗せろとバブさんの指令が。

知らないよ~。


揺れるのにビビってバブさんどころじゃなかったから噛まれなかったけど。


最近はバブさんに散歩してもらったりしてるのに噛む。

エサもあげてます。


そんでもって、ニューバブさんですが‥。


やられました。


流血事件です。

グルグル言ってるのに無邪気に近寄りました。


何で噛むのさ!



そりゃ、わかるけどさぁ。



私や旦那さんには噛みつきません。
爪切りやブラッシングで痛かったら歯が出てくることがあるけど、跡が残るほどじゃないし「痛い」って言ったら、やばい~って顔をしてシュンってなります。


プーちゃんはポメ太郎を迎えて3ヶ月して迎えたワンコですが、噛みませんよ。
どんなことがあっても。



公園で会ったワンコとも



遊びます。



ポメ太郎は他のワンコに近づけるなんてもってのほかです。


私たちも夫婦だけなら問題ないんです。
ポメ太郎も噛むのはダメってわかってる。
だけど、子どもたちへの対応はどうしたらいいのか‥。
一緒にいるときは止めに入れるけど、ちょっと目を離した隙にやられるんですよ。

叱っても効果はないだろうし、ゲージに入れっぱなしなんて可愛そうだし。

だんだん、だんだん、かみ癖がひどくなってて、近寄るとグルグル言うのもひどくなってて、ガウガウ吠えるのもひどくなってて、オモチャの破壊もひどくなって、このままだとどうなるんだろうと悩みに悩んでます。

バブさんとニューバブさんも難しい時期でケンカがたえないのです。
バブさんはママを取られた感とハイハイしてオモチャを取りに来るニューバブさんに、取られたくないって怒ってポカポカ。
ニューバブさんも遊んでたオモチャをバブさんに取られたり、行く手を防がれて後追いまっただ中なのに行きたいとこに行けないと怒って泣いてをしているのです。
そんで、ポメ太郎の定位置(ソファーの肘掛け)にバブズがわざとじゃなくても近寄ったらグルグル→ガルガル→ガブッ→びぇー。
これが1日に何回あるか。
お昼寝もガウガウ吠えるので起こされちゃって満足にできません。

叱らない育児をしようと頑張っていても、いい加減にしろって怒ってしまいます。

しつけが悪かったっておしかり受けるのは百も承知です。
犬の十戒も知ってるし大事にしたい。
でも、実際この状況をどうしたらいいか‥。
ポメ太郎もバブズがいるとゲージ以外ではのんびりもできない状況です。


調べると恐怖でのかみ癖は直りにくいとありました。

もう一度しつけ訓練に行った方がいいのか、行っても無駄なのか。
バブズが、理解出来る年齢になってコマンドもちゃんと出来るようになるまで実家に預かってもらった方がいいのか。
でも、実家にはダックスの老犬がいるので現実には無理かなぁ。


どうしたらいいんでしょうかね。

普段はこんなに可愛いのに。

ニューバブさん 生後7ヶ月

成長記録とりあえずの最終回です。


ニコッと笑うのはありましたけど、最近しょっちゅう笑います。
しかも、ゲラ。
ひもがピョンと落ちてきただけで、ゲラゲラゲラ。
ポメ太郎やプーちゃんが走って目の前を横切っただけで、ゲラゲラゲラ。


それから

ありゃ、とうとう自分で立つようになりました。


「なに?」って、テーブルの上に置いておいたバブさんのオモチャに手を伸ばすのでバブさん怒って怒って。
ケンカ勃発です。



とってとっての本(マジックテープでリンゴやらミカンがくっついてる本)がお気に入り。
ベネッセでもらったバブさんのだけどね。

集中してるときはなぜか舌がとんがります。






ボールも好き。


そんでもって




狭いところに入るのが好きなのかポメ太郎たちが通るトイレへの通称『犬の道』を通ろうとと模索します。


それにしても大きいオシリ。


7ヶ月児相談では身長72.3cm、体重8.45kgでした。
細いけど、大きめです。
細マッチョなのかな。


オマケ

顔に見えます?

ニューバブさん 生後5ヶ月~6ヶ月

成長記録もだいぶ後半になってきました。


初お座り

自分の手で支えていないとコケッとなります。



お盆に帰省中。
ズリバイ披露です。
いとこ達の中で1番小さいからチヤホヤ。
いとこのお姉ちゃんに抱っこしてもらってます。



座ってもニコニコに。


かと思えば

公園の芝生に座らせたら泣かれました。
芝生って痛かった?
手を支えにしなくても座れてます。



目的のものにまっしぐら。
なんと足の小指にすれが原因と思われる褥瘡ができたんですよ。
赤ちゃんなのに!


そんで靴下はきました。
夏なのに。

この顔で迫ってきます。



ズリバイからハイハイに進化したようです。



好き好き攻撃です。



突進してくるときは決まってこのお顔。
カメですね。
スピードはウサギですがね。



イタズラやろうがいる!
オムツやらオモチャやら引っ張り出してました。
自分でつかまって立ったのか?



そりゃばれます。




高ばい始めました。
目が離せません。


続く
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

ポメ太郎のおやびん

Author:ポメ太郎のおやびん
ポメラニアンのポメ太郎、トイプードルのプーちゃんと女の子に間違えられるほんわか男の子バブさんが繰り広げる成長記録です。

カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。