c
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレス犬

かみ癖についていろんな方からのアドバイスありがとうございました。

いろんな意見がありました。
実家に預けた方がいいのではないかと言う意見、リーダーの認識を強化して子どもも犬より上であることを教えていくという意見、住み分けをする意見、無視をする意見。解決策はわからないけど気持ちをわかってくれた方。


どの方も親身に考えてくださって涙が出るほど嬉しかったです。

私の実家ではやはり老犬ダックスがいるからポメ太郎は難しいとのこと、旦那さんの実家では、もしどうしようもないなら1年間預かってくれると言ってくれました。
静岡と四国ではかなり遠いのもあるし預けるかどうかは別として、そう言ってもらえるだけで救いです。




1週間以上、更新があいてしまいましたが、その間どうしていたかお話ししますね。

皆さんから頂いたアドバイスの中に噛みつき柴ワンと一緒に1才子の子育てを両立されていたブログを紹介して頂きました。
合間合間に読むのでなかなか時間がかかってしまいました。

そのブログではドッグウオーカー博士のカウンセリングを受けて生活様式や犬に対する考え方や散歩の仕方などを変えていったそうなのです。
PONOPONO式と言うそうです。
で、噛まなくなったと。

ドッグウオーカー博士のブログも少しずつ読んでます。
動物行動学の学者さんだそうでヨーロッパでも学んでこられた方のようです。


ドッグウオーカー博士がおっしゃるには、犬は高いストレスにさらされておりストレスマネージメントを、しないといけないと。
いつも犬は我慢をしてて、噛むようになったのは我慢の限界を超えたから。


ストレスの少ない犬は20時間ほど眠るし、のんびりしていると。
長引く皮膚疾患や下痢や軟便も犬の精神面が関係しているとおっしゃいます。


そう言えば、プーちゃんはくったり犬と呼んでいるように寝てることが多いですけど、ポメ太郎はほとんど寝てないし音がするとすぐ起きます。
きなこ(元ポメ子)は原因不明の下痢でした。

あわわ




で、ストレスマネージメントをするんですけど、
しつけはやらないそうです。
『おすわり』や『待て』『リーダーウォーク』もなし。
散歩は3mリードで自由に匂いを嗅いだりマーキングしたりをさせるそうです。
リードを引っ張って誘導するのも無しだそうで、向きを変えたいときはお願いするそうな。
最初は3mリードの中なら自由だということを学んでもらうための『固定』練習はするそうです。(ダッシュしたらゆっくりリードを引いてのんびりを覚えてもらう。)
散歩は一頭ずつ1日1~2回。
広い公園とかがベストで混み合ってるドッグランや夜散歩やアスファルトだけの道とかは犬にとってつまらないものらしいです。
あと、散歩の後、足を拭くのもNGだそうです。

それからストレス源をできるだけ取り除く。
ストレスになるのは、

身体的機能の異常
感覚器官の異常(耳が聞こえないなど)
痛みに関連する異常
発情
睡眠不足
疲労
突然の環境変化
親しいヒト、動物の死
脅かされること
何が起こるかわからない不安
失敗
厳しいトレーニング
アジリティ、ドッグダンス、服従訓練
攻撃訓練
パピーパーティー
ドッグラン
激しい遊び
イヌの周りでの暴力、怒り、いらだち、攻撃
子ども
多すぎるヒトの出入り
興奮のしすぎ(うれしいことも含む)
追いかけっこ
悪天候
サークル、クレート、屋外への隔離
動物病院
トリミングサロン
車での旅行
リードでつなぐなど自由を奪う
孤独(家族からの隔離)
多頭飼育
気の合わないイヌと暮らす
かまいすぎ、かまわなすぎ
日常生活でルールが厳しすぎ、またはなさすぎ
イヌとヒトの相性が悪い

      ですって。
勝手に貼り付けました。ごめんなさい。


嬉しいときの興奮やナデナデしすぎることなんかもストレスになるとは!


読んでいくと納得できるところはたくさんありました。
話は変わりますが、バブさんに少し発達の遅れがあるように感じたのでバブズは今、ベビーパークというお教室に通ってます。
そこで教えてもらう叱らない育児とこのドッグウオーカー博士の勧めるPONOPONO式は共通する精神論や方法がいくつもありました。
ベビーパークのお話はまた機会があれば。


今までの私のしつけではリーダーを認識してもらうのにリーダーウォークやってみたり、いちいちポメ太郎を叱ってました。
でも、効果がなく、ポメ太郎には叱るしつけはあっていないような気がしてました。
これは考え方を変えねばならんかもしれません。


噛みつき柴ワンと子どもとのブログを読ませてもらって、この方の努力は半端なくてビックリするばかりでした。
子供は隣の実家に預けて朝の6時から1日に何回も何時間も散歩して、家の中ではひたすら静かにして、家事も控えて掃除機も夜のトイレ散歩に旦那さんと出ているあいだにしてとか、‥。


すごすぎる。

私には出来ないことばかりです。
それに子どもも今、脳が爆発的に成長していく三歳までの大事な時期だから、預けるなんて考えられません。


じゃあ何が出来るんだろう。



ワンコの精神状態が大切というなら

「ごめんね。ストレスかけてたんだね。」ってポメ太郎とプーちゃんに言ってみました。


すると!


階段の踊り場に置いてある開けっ放しのクレート(階段に柵があるのでバブズは近寄れません)に最近入り浸ってたプーちゃんがまずおりてきました。



ポメ太郎も気持ーち穏やかに見えます。


気持ちだけでも感じるのかな。


ナデナデも寄り添ってきたときだけするようにして、クレートに自ら入ってるときは触らないようにしました。


散歩ですが、バブズが2人とも車で寝てしまった日があり、鍵をかけて車の周囲を一頭ずつ散歩してみました。
長いリードで。
いつもは常に一緒のため一頭ずつにされるとものをすごい拒否。
プーちゃんを庭のドッグランに離したんですけど、これでもかってくらいでっかい声で「プープー」泣く。

ポメ太郎の散歩は匂い嗅いだり楽しそうですが、散歩の方が通ってからは興奮がおさまらず散歩になりませんでした。


選手交代


プーちゃんはついて歩ける犬なので自由にしていいよと言ってもついてきちゃいます。
それでも少し匂い嗅いだりマーキングしたりしてました。

バブズが起きないかチラチラ車を見つつだったので短い時間だしストレスが取れるほどの散歩にはなってないと思います。

けど、その日は気持ち穏やかでした。




このPONOPONO式をやるならもう少しお勉強しなきゃならんですね。 
特に散歩のしかたを。
一頭ずつは週末しか出来ないけど。
平日は子どもと一緒の散歩だとストレスになるからしない方がいいのか、散歩はした方がいいのかが謎です。


ストレスが減って噛まなくなるのならいいなぁ。


PONOPONO式では室内フリーにしてゲージやクレートは使わないそうですが、開け放したクレートは怖かったときとかの避難場所&寝る場所として自主的に使っているようなので残しておこうと思います。



んで、ガルガル言い始めたらそっとそちらへ誘導してみようと思います。
今までは叱って「ゲージ」と言って入らせてました。


PONOPONO式ではないけど、住み分けしていいかなぁ。


まずやってみて、ダメならお金かかるけどドッグウオーカー博士のカウンセリング受けたりお散歩講習に行きたいと思います。

それでもダメなら最後の手段、旦那さんの実家にお願いするかもしれません。


今回も長文になっちゃいました。
読んで頂いてありがとうございます。



ポメ太郎、プーちゃん、頑張ろうね~。


追伸

私、1週間ほど前から風邪でなんとか倒れてはならんと耐えてましたところ、今度はよくなりかけてたバブさんがお熱~。
病院に行ったらRSでした。
これって去年入院したやつ‥。
お熱と咳でゲーゲーなバブさん。
怖いのは1歳未満のニューバブさんにうつったら重症化すること。
バブさん早く治るのだ!
ってかこの咳、私もRSなのかも。
やべっ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

きっと

ポメ太郎さん、プーちゃん 今までとチガーウ!ってちょっと
おやって思っているかもですね。でも気持ち穏やかになった?って
感じられるのって すごい変化じゃないですか^ ^
避難場所があるのもすごくいいと思います!
そしてそこには自分の意思で自由に行ったり出たりできる…と。
とてもいいと思います。

プーちゃんは噛まないけど もしかしたらストレスあるかも?
ってこともないとはいえませんもんね。
ポメ太郎さんと同じようにしていったほうが多分いいですよね。

きっと、きっと 少しずつでも変わっていくと思います。
バブさんだってどんどん成長されていますし、何かがちょっと
変わっていけば 全体的に変わっていくキッカケになりますよ!

でも散歩をそれぞれってやっぱり大変じゃないですか…。
ただでさえバブズさんで大変な時じゃないですかね。
ママも負担になっちゃうし あまり無理なさらないように
ご自愛くださいね。

ポメ太郎さんたちには 効果あるかわかりませんですが、私はちゃいろさんとはなを一緒に散歩させる時リードを持つ手を分けています。
ペースが違うので両手あっちゃこっちゃになりますが(^^;;
もしもうそうしていたらごめんなさいです。

RSウイルスΣ(゚д゚lll) 怖いですね!うちも気をつけねば!

バブさん、どうか早く治って元気になりますように。
ママさんも早く完治して元気になりますように。
ニューバブさん、パパさんにうつりませんように。

1番目の鍵コメさんへ

コメントありがとうございました。

アドバイス頂いたことと違う結論になってしまってごめんなさい。

悩んで出した結論ですけど、散歩に行くたびにうまく出来なくてこれでいいのかって早くも音をあげそうですよ。
すべての犬がこのストレスマネージメントを必要としていないのかもしれません。
鍵コメさんちのように2頭一緒の散歩でも楽しそうな子も、ドッグランでうまく遊べる子もいるし、犬自身でストレスマネージメント出来ているのかもしれませんよね。
ポメ太郎はできなかったけど。
とりあえず1ヶ月頑張ってみます。
アドバイス頂いたことは最後の手段に取っておきますね。
ありがとうございました。

きむさんへ

コメントありがとうございました。

避難場所、自分で自由に行き来できるんですよ。
掃除機とかし始めたら逃げてます。
子どもが怖いのならぐるぐる言わずに、プーちゃんのようにさっさと避難場所に逃げ込めばいいんですけど、その選択肢はポメ太郎にないようで‥。
プーちゃんもストレスあるでしょうね。

二頭連れてのお散歩は今までは片手ずつにしてたんですよ。
だけど、バブさんが歩いてお散歩行って疲れたら抱っこというようになって三輪車を片手に持つのでもう片方に二頭一緒にリード持つようになってました。

自由散歩は難しくて早くも断念しそうですよ。
一頭ずつだとプーちゃんの「1人置いてかないでー」の分離ストレスが強いのでどうしたらいいもんかと。
時間的にもやっぱりしんどいですね。

とりあえず1ヶ月頑張ってみます。

No title

う~ん、記事を読めば読むほど難しい問題ですね。
ワンコのストレス源を見てビックリ!
エッと思うものまでが該当するとは、うちのアビィにも当てはまるものが多いです。
ママさんの努力でバブズさんとワンコが上手に共存できるよう祈っております。
最後の手段は悲しすぎますものね。
それとあまり無理をしないでくださいね。
ママさんが倒れたら元も子もないですから。
ご自愛くださいね。

No title

大変興味深く、繰り返し読ませていただきました。
前も書きましたが、本当にうちもひとごととは思えないので。。

ドッグウォーカー博士、PONOPONO式など初めて聞きました。
コロもリーダーウォークしてみたり、叱ってみたり。。
でも効果はあるのかないのか?って感じで。
やっぱりポメ太郎さんと似てると思います。
コロにもPONOPONO式、合いそうな気がします。
私もドッグウォーカー博士のブログを読んでみます。

それにしてもストレス源、たくさんありますね~。
思わぬものまでストレスの元になるんですね。
うちもいろいろ当てはまるかも。。

これから、少しずつ良い方向に向かって行くように
応援しています。
うちも試行錯誤しつつ頑張ります。

体調はその後いかがですか。
バブさん、早く治りますように!

アビィのママさんへ

コメントありがとうございました。

あっ、私が頑張りすぎてすぐダウンするのバレてました?
頃合いをいつも見誤ります。
どんな方法であれワンコと子ども一緒に幸せになれたら1番いいですよね。
ストレス感じてたなんて考えもしませんでしたもん。
ちょっとショックでした。
子どもにガウってる時間は格段に減ったと思います。
ガルガルしそうになったら、お互いを離してますからね。
少しずつ関係がよくなっていけたらいいなぁ。

いずみさんへ

コメントありがとうございました。

愛情表現だったけど犬にストレス与えてたなんて、ビックリでしたよ。
私もコロくんとポメ太郎はよく似てる気がします。
叱るのはホントになんの効果もないですね~。

PONOPONO式は私自身が意識を変えないといけないです。
なかなか難しいです。
でも、少しでも子どもとワンコの関係がよくなればと、頑張ってみるつもりです。

はじめまして。私も愛犬の子供達への噛みつきなどに悩みPONOPONOにたどり着いた1人です(^ ^)。ウチよりずっと小さなお子様2人と2匹のワンコさんだと、それはそれは大変だろうなと思いました。ポメちゃん、小さい身体で必死にがんばってますね。子供たちの予測できない動きは怖いですものね。。怖がりからの噛みつきって案外治りやすいと私は思ってます。怖がること、嫌がることをしないで、ポメちゃんが安心して暮らしてくれたら、お子さん達もきっと嬉しいですよね!
子供たちにもぜひポメちゃんの気持ちを話してあげてください。子供って大人よりずっと動物の気持ちに寄り添える優しさを持ってますよ(^ ^)そして気がついたら犬にも子供たちにもたくさんの事を教えてもらってるなぁとつくづく思います。
応援してます!

じゅんさんへ

コメントありがとうございました。

実際にPONOPONO式を実践されてるかたに応援してもらえるなんて涙が出るほどうれしいです。
たぶんポメ太郎の一番のストレスは子どもですよね。
子どもが理解してくれたらいいんでしょうけど、まだ理解できる年齢でもなく、いきなり走ってきてワンワン言うのをキャッキャッと楽しんじゃうんですよ。
子どもは悪気なくですけど、犬にとっちゃ恐怖しかないですよね。
そんな状況でいくら散歩をがんばってもよくはならないんじゃないかと思い始めてます。
ストレスの根本をなんとかしないと。
やっぱり預けるしかないのかなぁなんてへこみ中です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2番目の鍵コメさんKさんへ

ご訪問、コメントありがとうございました。

「犬の家 カルム」さっそくホームページ見させて頂きました。
東京に研修とありましたがトレーナーさんがPONOPONO式のお勉強をされたってことでしょうか?
Kさんが行かれてみて、似てるなぁと思われたのでしょうか?
お散歩練習は固定と緩めるをするゆったり散歩を推奨されてるってことなんでしょうか?
ストレスマネージメントと書いてありにPONOPONO式と似てるのかなと思いました。
お散歩練習はカウンセリングでされてるんですか?
Kさんが利用されているのであればもう少し詳しく教えて頂けるととても嬉しいです。

東京までお散歩練習は難しいなぁと思っていたのでこういう情報を頂くのはとても嬉しいです。
ありがとうございました。

各地にPONOPONO式のトレーナーさんがいるとステキなんですけどね。

静岡だと伊豆にPONOPONOインストラクターが居ますので、リードワークレッスンできると思いますよ。PONOPONOハーネスもその方が作ってるので、もし良かったら問い合わせしてみてください(^ ^)
あ、それと小型犬の場合、リードの留め具が重かったりするのもよくないです。アクリルリードはほどよく滑って手も痛くならないし、固定と緩めるがスムーズにいくので、オススメですよ。

じゅんさんへ

コメントありがとうございました。

おおっ、伊豆にインストラクターさんがおられるんですね。
えっとその方、どこから探したらよいのでしょう。
検索してみても出てこなかったです。
伊豆の上の方なら行けるかなぁ。
下の方なら東京に行くのと同じくらいかかってしまいますが上の方なら東京に行く距離の半分くらいですね。

アクリルリードなんですね。
私が持っているのは滑りはあまりよくないし留め具が重いなぁと思ってたんですよ。
PONOPONOリードとハーネス買ってもいいか旦那さんに交渉します。
教えて頂いてありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ここから問い合わせできますよ。
http://blog.livedoor.jp/nanakailua/archives/51388147.html
武智さんというインストラクターさんでとても面白い人です(^ ^)
リードワークレッスンの場所とかも相談できるかもしれないので、聞いてみたらいかがでしょうか。

3番目の鍵コメKさんへ

コメントありがとうございました。

Kさんはいろんなところで学ばれているんですね~。
PONOPONOインストラクターさんからも勉強されたんですね。
教える方によってリードワークが違うのですか…。
学ばれたところが違えば少しずつ違うのは仕方ないのかもしれませんね。
一度ちゃんと教えてもらいに行きたいなぁと思うのですが、今はまだ子どもの調子がよくなくて動けない状態です。
いろいろ教えて頂いて本当にありがとうございました。
伊豆遠いですね。でもよくなるなら行ってみたい…。
落ち着いたら島田市か伊豆に行ってみたいと思います。
ほんとに預けることになったら、戻ってきてからになるかもですけど。


こんな更新まばらなブログですけど、よければまた来てください。
もしかしたらお近くなのですかね。
もしブログをしておられるなら訪問させていただきたいです。

じゅんさんへ

コメントありがとうございました。

あっ、そのページでつながる方が伊豆のインストラクターさんなのですね!
とんちんかんなことを聞いてしまいました。
すみません。
とりあえずハーネスとロングリードの相談をしてみます。
リードワークも勉強に行きたいとこですけど、まだ子どもの調子がよくなくて、伊豆まではかなりあるので今すぐは難しいのです。
本当に預けることになったら戻ってくるときにあわせてレッスンした方がいいですかね。

本当に本当に貴重な情報とアドバイスありがとうございました。
少しずつみんなが幸せにいられるように努力していきたいと思います。
またわけわかめになったら、質問させていただくかもですけど、今は先日教えて頂いた散歩を読み返しながら頑張ってみます。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

ポメ太郎のおやびん

Author:ポメ太郎のおやびん
ポメラニアンのポメ太郎、トイプードルのプーちゃんと女の子に間違えられるほんわか男の子バブさんが繰り広げる成長記録です。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。